トイレ詰まり

トイレ詰まり、トイレ水漏れ、トイレのタンクから水が溢れてくる、トイレの水が止まらないなど、トイレのトラブルの修理はお任せ下さい。

toiretumari_00
専門のスタッフが常に待機しております。
toire_01
その他のトラブル対処や御要望にもお応えできます。

トイレ詰まり解決ドクターが皆様に選ばれる理由

[next_columns_three title=”即対応,スピードが業界1!”]
b_01日本全国に弊社独自の住宅設備ネットワークを設置させて頂いております、常時専門のスタッフを連携待機させる事で大幅なコストダウンに成功いたしました。お客様の元に何処よりも早く駆けつける事が可能です!
[/next_columns_three]
[next_columns_three title=”良心・適正価格!”]
b_02突然のトラブル、でも財布が・・・そんな時「安く済ませたい」と思うのは当然の事です。トイレつまり119では良心的な適正価格でお見積りをする事を心掛けております、利益ではなく「人と人の関係」でより良い他社にはないサービスを提供します。
[/next_columns_three]

[next_columns_three  last=”yes” title=”顧客満足度が業界1!”]
b_03修理後も丁寧に修理個所と今後の注意点の説明を行います、またお見積り後に価格が合わない場合は更に相談可能、お客様第一をもっとうに満足度No1の弊社は毎日お客様から沢山のありがとうを頂いております!
[/next_columns_three]

tel
tel:0120058955

 

meka
その他メーカー各種会社様と取引させて頂いております。

トイレの詰まりinfo

[next_tabs] [tab title=”トイレの詰まりについて” active=”yes”]トイレが詰まるのは必ず原因があります、弊社は日本全国のトイレ詰まりを修理してきましたが、これまで修理してきたトイレ詰まりの中で一番多いトイレ詰まりの原因は、トイレの便器に異物を流している事が一番多いです。 日本のトイレは世界のトイレに比べてとても高品質でなかなか詰まらないようにできてはいるのですが、やはりトイレットペーパーや排泄物以外の物を流す用にはつくられていません。そこにぜんぜん別の物をついつい流してしまい詰まらせている方が圧倒的に多いです、はじめはトイレの中からゴボゴボと空気が詰まったような音がするのですがそのゴボゴボとい音も一週間から二週間ほどでトイレの水道管が完全に詰まってしまう事で音がしなくなり、もう水は流れなくなってしまいます。こうなってしまうとスッポン等では修理できないので、弊社のような水周りの専門業者が修理をさせて頂く事になります。[/tab]

[tab title=”トイレの水漏れについて”]トイレの水漏れには何種類か種類がありまして、もっとも代表的なのはトイレの便器が詰まってしまい、そこから溢れ出て水漏れをおこしてしまうパターン、もう1つはトイレのタンクに異物を入れているとタンクと便器の間に詰まりが生じてしまい水漏れを起こすパターン、トイレ自体の老朽化が原因となる便器からの水漏れです、老朽化からくる水漏れに関しては様々な原因があるので、修理価格はタンク詰まりからの水漏れに比べてやはり高くなってきます。 古くて水漏れ等を起こしてしまうトイレは応急処置で水漏れを修理しても、いずれまた水漏れ詰まりを起こしてしまい、修理費用がかさんでしまうので、弊社ではトイレの便器交換をお勧めしています。最近はトイレの便器もとても安価なものから高性能な物まで様々な物があるので、トイレ便器交換をお考えの方は一度お電話で御相談して頂けますと丁寧に御説明させて頂きます。[/tab]

[tab title=”無理やり修理しては駄目な理由”]日本全国のトイレ詰まりや水漏れなどトイレのトラブルを修理していると、スッポンやあったかいお湯で応急処置を行っても治らなかったにも関わらず、何度も色々な方法でトイレトラブルを自宅で改善しようとした結果、トイレ詰まり水漏れなどのトイレトラブルが悪化してしまっているお客様に遭遇します。 トイレの便器やタンク、水道管はあまり強く作業をおこなってしまうと、古いものだと壊れてしまう事が多々あります、そういった事が起こらないように簡単な応急処置をご自宅で行ったにも関わらずトイレの詰まり水漏れ等トイレトラブルが治らなかった場合は、弊社へお電話で御相談して頂けますと、状況が悪化せずに助かる事があります。 お電話での御相談と出張見積もりは無料なので、一度お気軽にお電話ください。[/tab][/next_tabs]

 

お客様の声(修理完了後にご協力頂きありがとうございました)

[next_toggles]

[toggle title=”東京都品川区 女性 A様 マンション”]

toire5出勤前にトイレが詰まってしまい、時間がなかったのですが、こちらに電話後直ぐに手配して頂けたおかげで、出勤前にトイレ詰まりがなおって本当に助かりました、ありがとうございます。

[/toggle]

[toggle title=”千葉県千葉市 女性 K様 マンション”]

toire4トイレから水が溢れ出てきてトイレが詰まってしまい、水浸しになって困っていたのですが、到着後すぐにトイレ詰まりを直してくれました。水浸しのトイレの中も綺麗にしてくれて助かりました!

[/toggle]

[toggle title=”神奈川県横浜市 男性 I様 飲食店”]

toire3店舗のトイレの水漏れなので、早急に直してくれるならという事でお願いしました。他の水道屋さんよりも価格が安かった所が一番のお得ポイントです、ありがとうございます。

[/toggle]

[/next_toggles]

[next_toggles custom=”margin-right: 0px”]

[toggle title=”愛知県名古屋市 男性 K様 戸建”]

toire2孫が落としたおもちゃが詰まってしまい、トイレが詰まってしまいおもちゃも取り出せずに困っていましたが、おもちゃも救出してくれ詰まりも治り助かりました。 次からの注意点を説明してくれたのも良かったです。
[/toggle]

[toggle title=”京都府京都市 女性 E様 マンション”]
toireトイレががつまってしまいスッポンで治そうとしたのですが治りませんでした。学生なので高い金額は払えないと先に伝えると見積もりも頑張ってくれましたありがとうございます。

[/toggle]

[toggle title=”大阪府枚方市 男性 F様 戸建”]

toire6前からトイレの中からゴボゴボと音がしていたのですが、放置したらとうとう詰まってしまいました、何件か検討して価格が安かったのでお願した所、一瞬で治りました!さすがプロ!!

[/toggle]
[/next_toggles]

ラバーカップのコツを掴んでトイレの詰まりを改善

詰まったらラバーカップを使うのがポイントですが、そのラバーカップをトイレの口の部分に上からスポット被せては、カップの中の空気をしっかりと抜きます。少し力を入れて押せば、中の空気をしっかりと出せます。上手くできなかった場わいには、またカップを上げてはグッと勢いよくラバーカップを被せて空気を抜きます。

そしてスポッという音がするようにラバーカップを上げるのです。それを何度も行えば、パイプの方から詰まったものが上がってきます。そこで辞めずに、根気よく何度もラバーカップを被せては上げます。すると、勢いよくゴボッという音も共に中から空気が出てきたらパイプの中の詰まりが取れたという合図になります。

コツを掴めば簡単にできるようになります。便器に水が少し入っていないと上手くできませんので、水が足りない時には少しバケツなどに水を入れては便器に入れてラバーカップで上下に動かしながら詰まりを取り除きましょう。

重曹を入れてラバーカップを使えば、より詰まりが早く取り除けます。

トイレの汚れを解決する簡単な方法

トイレの汚れが目立ちます。特に大きい方をして、それがそのまま便器にこびりついている、というシチュエーションに出くわした場合、何か嫌な気持ちになります。自宅以外の時はもちろんですが、自宅のトイレでも不快なものです。
この不快感を解消するために、我が家では、大きい方をする際には便器にトイレットペーパーを敷くようにしています。つまり、大便が直接便器につかないようにしたのです。
トイレットペーパーを予め敷いておけば、大便はそこに落ち、水と一緒に流れていくので、便器に汚れは付着しません。
これを習慣づけるようになってから、便器の汚れは格段に減りましたし、トイレ掃除が楽になりました。
トイレットペーパーは余分に消費するようになったので、不経済ではありますが、お尻と拭くのは品質のよい紙で、便器に敷くのは安い紙を使うようにして、コストを抑えるように努力しています。
便器に紙を敷いても汚れる時は汚れますので、飛び散るのを防止するために便器の蓋を閉めてから水を流し、流れたあとはもう一度蓋を開けて、便器の汚れを確認する、ということも守ってもらうようにしました。
1人1人が気を付けるようになるだけで、トイレは常に清潔に保たれています。
習慣にしてしまえば面倒くさくもないので、おススメの方法です。

トイレットペーパーの量を減らしてトイレの詰まりを防ぐ

どうしても詰まりやすいトイレは、トイレットペーパーの使いすぎが原因となることがあります。どうしても家族が多いと、トイレットペーパーをたくさん流すことになります。それがパイプの詰まりの原因となることがあります。

人が多ければ多いほど、便をする回数も増えますし、ペーパーもたくさん使います。パイプに便の汚れが多く付きやすくなりますし、そこに何度もペーパーを使っては流せば、どうしても詰まりやすくなります。

レバーを大にして流せばまだいいですが、中には小で便を流してしまうこともあります。水流が少ないために、詰まってしまうのです。できれば、トイレットペーパーを流す時にはレバーを大の方で流すのがポイントです。

又、1回で使うトイレットペーパーの量は2巻きほどにするといいのです。どうしても何度も手に巻いてしまう人は、シングルタイプのトイレットペーパーを買うといいでしょう。

又、ソフトで水に溶けやすいタイプのトイレットペーパーを選べば、よりトイレの詰まりを防ぐことができます。

トイレを詰まりにくくする工夫や習慣

毎日何気なく使っているトイレですが、トイレが詰まったり水漏れを起こしたりして使えなくなってしまうと大変です。
日ごろからトイレを詰まらせないように注意して、工夫したり習慣づけておくのが大切です。

まず、トイレにトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。
トイレ用のお掃除シートはトイレに流しても大丈夫と書かれていても、詰まりの原因になる場合がありますから、使用後は流さずゴミとして処分しましょう。

他にもトイレに流しても可というものでも、詰まりを避けるために、トイレットペーパー以外は流さないという習慣を身に付けておきましょう。

また、水道代節約のためにペットボトルをタンクに入れている方も多いです。
しかし、中のペットボトルが原因で十分な水量が得られなくてトイレが詰まったり、タンク内の部品がきちんと動かなくなって、水が流れっぱなしになることもあります。

節約は大切ですが、安全に故障を起こさずトイレを使うためにも、ペットポトルをタンクに入れるのは避けた方が無難です。

トイレ詰まりについて

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーをたくさん使用したりナプキンやタンポンなどの生理用品をながしてしまったりといった理由のほかにも、古い家屋やアパートなどの場合、もともとトイレの配管が老朽化によって水垢などの汚れがたまってしまい、配管内部が細くなってしまう事により、ペーパー類が簡単に詰まり安くなる状態になるという根本的な原因が考えられます。

こういったトイレ詰まりのトラブルを回避するために,一番良い方法は、日頃からダブルロールのトイレットペーパーを使わないようにしたり、トイレットペーパー以外の物は絶対に流さない事が最も効果的です。

ところがいくら日頃から様々な事に細心の注意を払っていても、一旦トイレ詰まりが発生すると何度も繰り返し詰まりが起きてしまう傾向にあるのです。ですから一度はトイレ詰まりのプロにお願いしてトイレの配管の状態を把握してもらい、対策を立てる事をおすすめします。

お湯を使ったトイレのつまり解消法

■お湯を使ったトイレのつまり解消法
ラバーカップ通称スッポンを使って、便器の奥を押したり引いたりし、つまりを解消する方法がごく一般的で使われる方法だと思います。
しかし、それでも解決しないときには、今から紹介するもう一つの自分で直す方法を使うことをお勧めします。
それはある材料とお湯を同時に入れ、放置しておくというごく簡単な方法です。ただし、お湯を使う際には熱湯ではなく、ぬるま湯を使用してください。

解決方法の前に、どうして熱湯を使ってはいけないのか。
それは、熱湯を便器に流すことで便器が割れ壊れてしまう可能性があるためです。便器は陶器で出来ているため、熱を加えると膨張し、表面にひび割れを起こすことになってしまいます。ただ、ぬるま湯の場合は、そこまで膨張することもないため、ひび割れがおきませんので、くれぐれも熱湯ではなくぬるま湯を使ってください。
では解決方法の手順を紹介します。
ドア・窓を開けて換気し材料を用意してください。
材料としては重曹1/4、穀物酢1/2カップ、ぬるま湯便器の半分ほどです。

用意したら、便器内の固形物をできるだけ取り除き、重曹→穀物酢→ぬるま湯の順番で便器へ流し込みます。その際、便器内で泡が発生するかと思いますが、それは二酸化炭素で出来た泡ですので体に害はほとんどありません。安心してください。

流し込んだ後、1時間ほど放置し、便器内の水が徐々に流れていくと、つまりは解消されています。
ただし、徐々に流れていかず、トイレを流すレバーを押した際に溜まる一方の場合は原因は便器のつまりではなく、配管や下水でつまっている可能性があります。
その際は、自分の力でなんとか解決しようとするより、専門の業者に頼むことが良いでしょう。へたに配管や下水のつまりを自力で解決しようとした際には最悪の場合、便器や配管を壊し、取り換えという形になる可能性もありますので、注意してください。