トイレ詰まり対処で使用するお湯

トイレ詰まりの対処をする際に使用するお湯ですが、トイレ詰まりを解消するのに高温のお湯は必要ありません。

高温のお湯を準備して便器に流し込むと、お湯が溢れた時に火傷の原因にもなるので、あまり高温のお湯でなくても60度前後であれば、トイレに詰まった異物を溶かす役割をはたしますので、大丈夫です。

 

最近はトイレつまりの直し方を調べて、自分で直そうとしている方が多いようで、このサイトへも沢山の訪問と沢山の問い合わせ・コメントを頂いております。ありがとうございます。

トイレ詰まりの対処で重要なのは、トイレ詰まりを直す際に慌てない事、順をおって計画的にトイレ詰まりを対処すればたいていのトイレ詰まりはお湯とラバーカップで修理が可能です。

①お湯を流す際は、必ず便器の中の水をすくいあげて空にしてから入れる事。

②ラバーカップをする際は激しく動かすのではなく、ゆっくりと力を入れて水圧で詰まりを動かすつもりで引っ張る事。

③トイレ詰まりを直す場合はトイレやきている服が汚れる事は必須なので、そのための準備もしておく事

 

この3項目を守ってしっかりと対処をすれば、トイレ詰まりは簡単に修理が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA