トイレ詰まりについて

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーをたくさん使用したりナプキンやタンポンなどの生理用品をながしてしまったりといった理由のほかにも、古い家屋やアパートなどの場合、もともとトイレの配管が老朽化によって水垢などの汚れがたまってしまい、配管内部が細くなってしまう事により、ペーパー類が簡単に詰まり安くなる状態になるという根本的な原因が考えられます。

こういったトイレ詰まりのトラブルを回避するために,一番良い方法は、日頃からダブルロールのトイレットペーパーを使わないようにしたり、トイレットペーパー以外の物は絶対に流さない事が最も効果的です。

ところがいくら日頃から様々な事に細心の注意を払っていても、一旦トイレ詰まりが発生すると何度も繰り返し詰まりが起きてしまう傾向にあるのです。ですから一度はトイレ詰まりのプロにお願いしてトイレの配管の状態を把握してもらい、対策を立てる事をおすすめします。

トイレつまりの原因と対処法について

■トイレつまりの原因とは?

トイレつまりの原因は大きく分けた場合には「4つ」挙げる事が出来ます。

1.大便やトイレットペーパーが原因でつまる
2.ティッシュペーパーや赤ちゃんのおしり拭き、子供のおもちゃなどのトイレに流してはいけない物が原因でつまる
3.節水の為に大便をトイレの小つまみで流している、トイレの排水タンクに節水の為のペットボトルを入れている事が原因でつまる
4.築年数が古い住宅で長年にわたって尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって配水管にこびりついた事が原因でつまる

これら4つのトイレつまりの原因はケースが多い順番に上から並べています。

 

■大便やトイレットペーパーもつまりの原因となります

大便、そしてトイレットペーパーはトイレつまりの一番の原因です。
「大便やトイレットペーパーを流す為に作られたトイレの排水管になぜそれらの物がつまるのか」という質問をいただく事があるのですが、トイレの配水管は水圧を高めて勢いよく排水を流す為にとても細く作られており、なおかつ排水管の途中がS字の形に曲がっています。
S字の形でカーブがついている為、ちょっとした事でトイレつまりが起きやすいのです。

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、特大の大きな大便を流した場合に「ゴボゴボ」と音が鳴るトイレつまりが起きやすくなります。

 

■トイレに流してはいけない物とは

物によってはトイレに流してしまうと「ゴボゴボ」といった音と共に突然トイレつまりが発生してしまう物もあります。
トイレに流してはいけない代表的な物はティッシュペーパーです。
ティッシュペーパーは一見するとすぐに水に溶けそうなイメージがありますが、ほとんどのティッシュペーパーは水に溶けません。
この為、トイレで大便をしてティッシュペーパーでおしりを拭いてそのままティッシュペーパーを流してしまうと「ゴボゴボ」とたちまちトイレつまりが発生してしまうのです。
ティッシュペーパーはトイレつまりの原因となる代表的な「トイレに流してはいけない物」の一つです。

 

■節水がトイレつまりの原因になる場合も

近年はエコが浸透してトイレを流す時でもトイレのつまみを少ししか回さない、または大便をした時でもトイレのつまみの「小」しか回さない、といった節水を行う人が多いですが、これらの節水行為はトイレつまりの原因になる場合もあります。
トイレの排水の構造は最低限の水の量で大便などの便を流す構造で設計されているので、これより水の量が下回ってしまうと「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう原因になってしまう事があるのです。
トイレでの「自己流の節水」はほどほどになさった方が良いでしょう。

 

■尿に含まれる尿石が原因でつまる

人間の尿には尿石の原因となる成分が含まれており、築年数の古い住宅などでトイレの排水管に尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって排水管の中にこびりつき、排水管の中をせばめてしまってトイレつまりの原因になる事があります。
尿が原因のトイレつまりは自分に心当たりがないのにある日突然「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう事が多いのでびっくりされる方も多いですが、尿が原因のトイレつまりは市販されている塩酸系のトイレ洗剤を排水管に流してあげる事で解決出来るケースもあります。

トイレつまりはトイレの中だけで起きるのじゃない?

トイレつまりはトイレの中だけで起きるのじゃない?

旦那と2LDKの賃貸アパートに住んでいた時のことです。かなり年季の入っているところだったので完璧な物件ではありませんでしたが、入居して特に問題もなく数か月が過ぎました。

 

ある日キッチンからゴボゴボ、ゴボゴボ、という音が聞こえてきました。「ちょっと見てくる」。水道の止め忘れでもあったのかと思いましたがそいう訳ではなかったようです。

 

原因がわからないまま部屋に戻ったのですが、今度はバスルームからゴボゴボ、ゴボゴボ、という音が。

 

トイレつまりだと思い旦那に見てもらったのですが特に問題はないとのことで一日放っておいたのですが、今度は水を流すとゴボゴボ言うようになってしまいました。それからトイレットペーパーは少なめに使ってことがひどくならないようにしました。

 

私も夫もトイレットペーパー以外は異物を流した覚えもなかったのでその時は原因がわかりませんでしたが、台所とトイレの両方から同じような音が聞こえてくることに妙な疑問を覚えました。

 

スッポンが家になかったので結局旦那に近くのホームセンターまで買いに行ってもらい、それを使ったところ流れが良くなりました。

 

よく考えたところ、いつもは台所の流し口に食べ物の残りかす等が流れないよう網ネットをつけていたのですが、掃除を面倒くさがった夫がここ1週間くらい外していたのです。

 

私もそれを正すことなく放っておいてしまっていたのでした。それが災いしたのでしょうか。きっと食べ物のかすがどこかで水道パイプをブロックしてしまっていたのでしょう。

 

果物のかすだとか、スープの残りだとか、?いた野菜の皮だとか、結構色んなものが流れて行っていたと思います。

 

それよりずっと前に、大屋さん宅で間借りをしていた時に同じようなキッチンを使っていたことがあります。

 

そこには網ネットなど最初から設置されていなかったので、気にもとめずに使っていたところ、大屋さんに家の外に連れて行かれ、私たちの食べ物が台所から流れたのが原因で外の排水溝をブロックしていると怒られたのを思い出しました。みると層になった気持ちの悪い食べ物たちが排水溝の上にどかんと乗っており、明らかに水が流れるのをブロックしていたのです。

 

今回問題が起きたのは賃貸の平屋アパートだったこともあるのですが、結局その食べ物がどこでどう別のパイプをブロックしているのかは突き止めることが出来ませんでした。ただこのあと問題は解決されたのでキッチンの流しが原因となっていたのは間違いないと思います。でもキッチンが原因でトイレつまりが起きるなんて思ってもみませんでした。

 

だって衛生上おかしいじゃないですか?それともこの物件は古かったので特別なんでしょうか。とにかく旦那にもしっかり言ってそれ以降台所の網ネットは絶対に外さないようにしています(笑)。ゴボゴボという音もそれっきり聞こえなくなりました。トイレの詰まりはトイレの中だけで起きるわけではないかも知れないとこの時学んだのですが、両方に水の逆流がありえると考えたらゾッとします。

 

ひょっとするとトイレつまりはトイレットペーパーの入れすぎなのかもしれませんが。

 

トイレットペーパーだけでトイレつまりが起きるなんてあまり聞いたことはないのですが、むしろそれが原因だったと願いたいです。尋常じゃない量のトイレットペペーパーなんて使った記憶もないけれど、ひょっとして旦那が…ということもありますし。

トイレ詰まりの対処方法/お湯を流す

トイレ詰まりをご自宅で対処する際に最も効果があると言われている方法は、適度な量のお湯を便器の中に流し、その後にスッポン(ラバーカップ)を使用して詰まりを修理する方法だと言われています。

これは、トイレが詰まる一番の原因がトイレと下水管をつなぐ水道管が、建築上の問題で曲がりくねっていて、汚物がそこを通る際に詰まってしまうパターンと、長年使用してきた便器に汚物が長年の歳月をかけて少しずつ固まっていき詰まってしまうパターンが、異物を流してしまった場合以外のトイレ詰まりの原因の中で最も多い原因だと言われているからです。

また、大量のトイレットペーパーを流してしまい、トイレが詰まってしまった時にも、このお湯を適量流してからスッポン(ラバーカップ)を使用する対処方法は効果があります。

それは、固まったうんちやトイレットペーパーに関しても、奥で詰まった大量のうんちに関しても、お湯を使用する事でやわらかくして溶かす事ができるからです。

toto02

 

それでは、どのようにお湯を流してトイレ詰まりを対処するのか順を追って説明いたします。

①600ミリリットル程の水を沸かしてお湯を作る。

この際、お湯の温度は大体40~50℃くらいで沸かします、気をつけないといけないのは

お湯の温度が高すぎると、便器が割れて更に水漏れ等が起こってしまう事があります。

温度には十分に注意しましょう。

 

②300ミリリットルほど便器の中に流し込む

トイレ詰まりによって便器の中の水がギリギリまで溢れてきてしまっている場合はバケツなどを使用して

便器の中の水を抜いてから流し込むようにしましょう。

便器の中の水が漏れてしまってトイレの床を汚さないためにも、大量に抜くようにしましょう。

02_1_img05

 

③スッポン(ラバーカップ)を使用して水流を作りトイレ詰まりを治す

その際、大きなゴミ袋等を使用してスッポンにかぶせ、トイレの中身が飛び散らない様に気をつけましょう

トイレや御自身をよごしてしまう可能性がございます。衛生上問題があるので注意しましょう。

詳しいスッポン(ラバーカップ)の使用方法はコチラ

トイレ詰まりの修理方法(応急処置)/ラバーカップ

 

④そのまま少しの間放置してみる

上記の工程を行って少しの間放置していると、トイレ詰まりが治っている場合がございます。

しかしこちらは、治っていると勘違いしてトイレを流してしまい水が溢れ状況が悪化してしまう場合もございますので

弊社にお電話の上御相談して頂く事が良いかと思います。

 

さて、トイレ詰まりの対処方法/お湯を流す】をご紹介させて頂きました。

御自宅で簡単に出来る対処方法となっておりますが、失敗すると便器が割れてしまったり、トイレが汚くなってしまったりと、状況が悪化するパターンも十分にあります。そういった事が御心配の方は弊社のようなトイレのトラブル解決のプロにお任せ下さい。

現場への出張見積もりまでは完全に無料で行っており、現場検証とお見積り内容をお客様と共に確認後、納得していただいてから作業開始をさせて頂いております。 また、お見積りが合わない場合はキャンセルして頂いても問題ありません。

お客様の快適な生活を取り戻す為に日々、社内にて研修を行っておりますので、必ずお客様に満足して頂けるという自信があります。 お電話での御相談をお待ちしております。

 

—————————-

*追記

「ラバーカップを使用したが、トイレ詰まりが治らない」とのご相談のお電話をたくさん頂いております。

ラバーカップを使用しても、「トイレに物を落とした」「異物を流してしまった」等原因によっては、異物が奥に移動してしまい修理工程が複雑になってしまうパターンが多々あります。

ラバーカップを使用するのは1,2回にして、それでも治らない場合は1度お電話でのご相談をして頂くことをオススメいたします。

状況が悪化してしまい、便器やその奥の配管を外さないと修理できなくなる可能性があるからです。

【自宅でトイレ詰まりの対処をする際の注意点/状況悪化】をいう記事を投稿させて頂きましたので、是非一度ご覧になってください。

http://www.toire-tumari-doctor.com/blog/toire-tumari-taisho-2/

 

 

toire_03

 

トイレ詰まり奮闘記/ゴボゴボ音がする

こんにちわ関東地区担当の山本です。

本日も東京を中心に沢山のトイレ詰まりトイレ水漏れ蛇口交換など沢山のトラブルを解決してきました。

今日はこいつの活躍のおかげで排水口関係のトラブル解決がとてもスムーズに出来ました^^

しっかし、寒いなかこいつを持ち込むのは重いし寒いし大変です、でも、お客様の快適な生活を取り戻す事を考えれば、そんな事を言ってる場合じゃありません。

パッパッパっと直してしまいますよ^^

image

 

本日気になったトイレ詰まりのご紹介です。

修理したトイレの写真しかないのですが、今回のお客様はトイレ詰まりをスッポンを使って何度直しても、1ヶ月もすればまたトイレが詰まってしまい、これは様子がおかしいと「トイレ詰まり修理専門業者」の弊社にお電話頂きました。

専用の機材を使い現場検診を行ったところ、どうやら先日ブログで書いた、便器の下の水道管に汚物やトイレットペーパーなどが固まってしまいトイレがとても詰まり易くなっていたようです、詰まりが治ってもトイレを流すとゴミが浮いてくるし、ゴボゴボと音もするとおっしゃってました。

トイレ詰まりの修理方法を探してこのサイトにいらっしゃった人の中にも、直ぐにトイレ詰まりが再発するし、流すとゴミが浮いてきたりゴボゴボ音がするという人がいるんじゃないでしょうか?

こういった時は早めに修理してしまう事をお勧めします。放置しておくと、後々完全に水道管が詰まってしまい、便器を取り外さないと修理できなくなってしまう事があります。そうなる前に!一度修理してしまう事をお勧めします。

トータルの修理コストを考えると早めに直してしまうのが一番良いのは間違いないんですね。

image2

 

今回はそういうお話^^ 気になるかたはお電話で御相談下さい^^

では、また現場からの書き込みをお楽しみに~

tel

 

 

東京のトイレ詰まり修理 / 社内研究

トイレのトラブルを解決する上で、最も多種多様なトイレトラブルが発生する都道府県が東京都です。 これは日本全国のトイレ詰まりを解決する上で、事案の原因を研究して解明する事は、コスト削減とスピードアップを図る上でとても重要になります。

では、トイレは何故詰まりのか?主な原因はなんなのか?これをトイレメーカーTOTOから発表されている項目をあげて考えてみます。

トイレ詰まりが発生する主な原因

1.「お客様の体調や食べ物によって、たまたま多めの排泄量か固めの排泄物であった場合」
2.「トイレットペーパーを多量に使用した場合」
3.「タンク内に規定の水量が完全に溜まらない状態で洗浄した場合」
4.「多量のペーパーを使用し、洗浄水量の少ない小洗浄レバーで洗浄した場合」
5.「便器内に携帯電話やボールペン、空き缶などを誤って落として洗浄した場合」

toto03

5つの項目を上げさせて頂き、そしてその下にトイレの構図を参考にトイレットペーパーが原因で詰まる図を上げさせて頂きました。

共通して言える事は、トイレの構造上便器は大量の排泄物やトイレットペーパー、そもそも異物は流れない。そして、それを流そうとした時にトイレ詰まりが発生するという事です。

この代表的な洋式便器の図を見て頂いても分かるように、下水までの道のりは非常に曲がりくねっています、便器から先の水道管も建築上の問題で水道管は様々な曲がり配置をしているので、そもそも大量に物を流そうとする事自体が無茶なのです。

この図を一度頭に入れて生活を送るだけでも、便器に大量のトイレットペーパーを流そうとせず、出前ラーメンの残りをトイレに流そうとはせず、トイレ詰まりを避ける事が可能になるのです。

但し、図にあるような場所に長年かけて蓄積したトイレットペーパーや排泄物が固まっている場合は、トイレ詰まりを避ける事は非常に難しくなってきます、またこういった症状の場合はラバーカップ(すっぽん)等を使ってもトラブル解決が出来ない可能性が高いので、弊社のようなトイレトラブル専門業者の出番になるのです。

弊社では、こういったトラブルもトイレ便器を外す事なく専門の機材を使う事でトラブル解決が出来る様に常日頃から社内で研究を行っております。

やはり、便器を外すと工賃も非常にたかくなってしまうので、弊社ではできるだけそういった作業は避けて。素早く的確に簡単に作業が完了するように常日頃から、研究を行っていますので万が一の時は是非お任せ下さい。

toire_03

tel:0120058955