トイレ詰まりについて

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーをたくさん使用したりナプキンやタンポンなどの生理用品をながしてしまったりといった理由のほかにも、古い家屋やアパートなどの場合、もともとトイレの配管が老朽化によって水垢などの汚れがたまってしまい、配管内部が細くなってしまう事により、ペーパー類が簡単に詰まり安くなる状態になるという根本的な原因が考えられます。

こういったトイレ詰まりのトラブルを回避するために,一番良い方法は、日頃からダブルロールのトイレットペーパーを使わないようにしたり、トイレットペーパー以外の物は絶対に流さない事が最も効果的です。

ところがいくら日頃から様々な事に細心の注意を払っていても、一旦トイレ詰まりが発生すると何度も繰り返し詰まりが起きてしまう傾向にあるのです。ですから一度はトイレ詰まりのプロにお願いしてトイレの配管の状態を把握してもらい、対策を立てる事をおすすめします。

お湯を使ったトイレのつまり解消法

■お湯を使ったトイレのつまり解消法
ラバーカップ通称スッポンを使って、便器の奥を押したり引いたりし、つまりを解消する方法がごく一般的で使われる方法だと思います。
しかし、それでも解決しないときには、今から紹介するもう一つの自分で直す方法を使うことをお勧めします。
それはある材料とお湯を同時に入れ、放置しておくというごく簡単な方法です。ただし、お湯を使う際には熱湯ではなく、ぬるま湯を使用してください。

解決方法の前に、どうして熱湯を使ってはいけないのか。
それは、熱湯を便器に流すことで便器が割れ壊れてしまう可能性があるためです。便器は陶器で出来ているため、熱を加えると膨張し、表面にひび割れを起こすことになってしまいます。ただ、ぬるま湯の場合は、そこまで膨張することもないため、ひび割れがおきませんので、くれぐれも熱湯ではなくぬるま湯を使ってください。
では解決方法の手順を紹介します。
ドア・窓を開けて換気し材料を用意してください。
材料としては重曹1/4、穀物酢1/2カップ、ぬるま湯便器の半分ほどです。

用意したら、便器内の固形物をできるだけ取り除き、重曹→穀物酢→ぬるま湯の順番で便器へ流し込みます。その際、便器内で泡が発生するかと思いますが、それは二酸化炭素で出来た泡ですので体に害はほとんどありません。安心してください。

流し込んだ後、1時間ほど放置し、便器内の水が徐々に流れていくと、つまりは解消されています。
ただし、徐々に流れていかず、トイレを流すレバーを押した際に溜まる一方の場合は原因は便器のつまりではなく、配管や下水でつまっている可能性があります。
その際は、自分の力でなんとか解決しようとするより、専門の業者に頼むことが良いでしょう。へたに配管や下水のつまりを自力で解決しようとした際には最悪の場合、便器や配管を壊し、取り換えという形になる可能性もありますので、注意してください。

トイレつまりの直し方について

トイレのつまりは簡単に起きやすいものとなっており、トラブルが起きると一瞬にして家全体の危機的状況にもなります。

原因は様々ですが、トラブルとなった場合には自分で直す方法と業者に依頼する方法とに分かれています。大体の場合にはいわゆるスッポンを使う方法が代表的ですが、これでも直らない場合には深刻な状況になっているか対処出来ない場合になっている可能性があります。これらを踏まえて、自分で直す方法とつまりを解消出来る予防策を考えて見る事も大切です。

 
トイレはトイレットペーパーを流すのが普通となっていますが、髪の毛、ティッシュペーパー、新聞紙などもつまりの原因になります。水に溶けにくいものがつまりの原因を起こすものとなっており、簡単につまってしまうのも珍しくありません。更に例えトイレットペーパーなどであっても一度に多くを流したりするとつまりの原因になっている可能性があります。この予防策としては本来流すべきでないものを流さない様にきちんと取り出す事が大切となっています。誤って流してしまった場合には、速やかに業者にその旨を伝えて対処する様に心掛ける事が大切です。

 
トイレつまりにも前兆があり、これを毎日見ていると変化に気付くのが早く、つまりになりトラブルとなる前に対処する事が可能です。流す時に水の位置がいつもより高い、水の出が少ないなどの場合もトイレ自体が原因でない場合なども存在しています。大方の場合にはトイレつまりになるとトイレ自体が原因であると判断してしまいがちですが、配水管の方に問題がある場合もあるので、素人判断は避ける様にしておく方が無難です。もしも、自分で直したいと思った際にはインターネット上で直し方を学ぶか、業者に連絡して無料の方法を教えて貰う様にする事が得策です。

 
トイレ自体に原因がなくても異常音などがする場合にはすぐに業者に連絡をする事が大切です。これはすでに何かがつまりの原因となっているパターンの可能性が高く、近い内にトイレ自体の機能がなくなってしまう事もあり得ます。自分で異物を流した事に記憶がない場合にはとりあえず、時間が経つのを待つのも一つの手段です。水に溶けて異常音がしなくなったり、水の流れる位置が戻ったりする場合もあるので、これで解決する事もあります。

 
トイレつまりはスッポン、高圧洗浄機、ワイヤーブラシなど数多くのもので解決する方法があります。スッポン以外は常備している事が少ないので、業者に連絡して解決を待つと言うにも選択の一つです。業者の中には最大で30分以内に駆けつけてくれる所もあり、無料の点検サービスなども一貫としています。そのため、時間がなかったり、仕事で深夜遅くに帰って来るのが普通である場合には深夜料金が掛からず、いつでも対応してくれる場所が一番です。自分の都合と相談して、最も効率の良い方法を考えると不安もなく再発の危険性も少なくなります。

 

又、業者の中にはその場で大体の値段を査定してくれる場所であったり、インターネット上の公式サイトに料金表を出している場所があるなど、顧客のためのサービスも多くなっています。これを利用してトイレつまりの原因を聞き出し、少しでも費用を抑えて、早い解決をする事も可能となっています。

トイレつまりの原因と対処法について

■トイレつまりの原因とは?

トイレつまりの原因は大きく分けた場合には「4つ」挙げる事が出来ます。

1.大便やトイレットペーパーが原因でつまる
2.ティッシュペーパーや赤ちゃんのおしり拭き、子供のおもちゃなどのトイレに流してはいけない物が原因でつまる
3.節水の為に大便をトイレの小つまみで流している、トイレの排水タンクに節水の為のペットボトルを入れている事が原因でつまる
4.築年数が古い住宅で長年にわたって尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって配水管にこびりついた事が原因でつまる

これら4つのトイレつまりの原因はケースが多い順番に上から並べています。

 

■大便やトイレットペーパーもつまりの原因となります

大便、そしてトイレットペーパーはトイレつまりの一番の原因です。
「大便やトイレットペーパーを流す為に作られたトイレの排水管になぜそれらの物がつまるのか」という質問をいただく事があるのですが、トイレの配水管は水圧を高めて勢いよく排水を流す為にとても細く作られており、なおかつ排水管の途中がS字の形に曲がっています。
S字の形でカーブがついている為、ちょっとした事でトイレつまりが起きやすいのです。

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、特大の大きな大便を流した場合に「ゴボゴボ」と音が鳴るトイレつまりが起きやすくなります。

 

■トイレに流してはいけない物とは

物によってはトイレに流してしまうと「ゴボゴボ」といった音と共に突然トイレつまりが発生してしまう物もあります。
トイレに流してはいけない代表的な物はティッシュペーパーです。
ティッシュペーパーは一見するとすぐに水に溶けそうなイメージがありますが、ほとんどのティッシュペーパーは水に溶けません。
この為、トイレで大便をしてティッシュペーパーでおしりを拭いてそのままティッシュペーパーを流してしまうと「ゴボゴボ」とたちまちトイレつまりが発生してしまうのです。
ティッシュペーパーはトイレつまりの原因となる代表的な「トイレに流してはいけない物」の一つです。

 

■節水がトイレつまりの原因になる場合も

近年はエコが浸透してトイレを流す時でもトイレのつまみを少ししか回さない、または大便をした時でもトイレのつまみの「小」しか回さない、といった節水を行う人が多いですが、これらの節水行為はトイレつまりの原因になる場合もあります。
トイレの排水の構造は最低限の水の量で大便などの便を流す構造で設計されているので、これより水の量が下回ってしまうと「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう原因になってしまう事があるのです。
トイレでの「自己流の節水」はほどほどになさった方が良いでしょう。

 

■尿に含まれる尿石が原因でつまる

人間の尿には尿石の原因となる成分が含まれており、築年数の古い住宅などでトイレの排水管に尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって排水管の中にこびりつき、排水管の中をせばめてしまってトイレつまりの原因になる事があります。
尿が原因のトイレつまりは自分に心当たりがないのにある日突然「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう事が多いのでびっくりされる方も多いですが、尿が原因のトイレつまりは市販されている塩酸系のトイレ洗剤を排水管に流してあげる事で解決出来るケースもあります。

トイレ詰まりの対処方法を紹介した動画まとめ

トイレ詰まりの対処方法は様々な方法があります。

今回はネットに紹介されているトイレ詰まり対処動画の中から、効果的な動画をご紹介いたします。

トイレ詰まり対処法をご紹介

自力で修理可能なトイレ詰まりの対処法

トイレ詰まりの対処方法は様々な方法がありますが、最もこうかが高く、トイレ詰まりを自力で修理可能な対処法は【お湯】と【ラバーカップ】を使用する事が大事だと言われています。

今回はお湯とラバーカップを使用した、トイレ詰まりの対処方法をご説明いたします。

 

トイレ詰まりの原因は主に、トイレットペーパーの詰まり、汚物の詰まりが最も多いと言われています。 この最も原因として多いトイレ詰まりのパターンだけに最も効果的な対処方法が【お湯】と【ラバーカップ】を使用した対処方なのです。

この対処法を行っても、トイレ詰まりが解消しない場合は、別の様々な原因が考えられるので、一度当社にご相談頂く事をお勧めいたします。 ラバーカップでは修理ができないトラブルの可能性があります。

 

1.トイレ詰まりの原因はなに?

先ほど記載した通り、トイレットペーパーと汚物に効果的な対処方ですので、まずは原因がなんなのか考えてみましょう。

トイレットペーパーを流し過ぎた・・・ 丁度トイレを利用したばかり・・・ こういった思い当たるふしがあるなら、効果的な対処法です。

 

2.お湯を沸かしましょう

対処を行うにあたって、準備するものがあります。 それが便器に流し込むお湯です。 鍋に沢山の水を入れて沸かして下さい、この時に注意する必要があるのがお湯の温度を40度~50度くらいにする事です。

お湯を沸騰させてしまったり、高温なのに便器に流し込むと、便器が割れる原因にもなります。更に深刻なトラブルになる可能性があるので、ご注意ください。

 

3.便器にお湯を流しましょう

それでは、便器にお湯を流し込みましょう。  注意する点は、便器の中の水がいっぱいじゃありませんか?  もし便器に水が溢れている場合は、便器の中の水をバケツなどに移すようにしましょう。

ラバーカップを使用した際にこぼれたりしますし、せっかくの熱湯がさめてしまいます。

 

4.10分ほど放置しましょう

お湯が、トイレットペーパーや汚物を溶かしてくれる作用があるので、10分ほど放置してみましょう。

こうする事で、詰まりが溶けて流れやすくなる事があります。

 

5.ラバーカップを使用して詰まりを解消する

それでは、ラバーカップを使用してトイレ詰まりを対処しましょう。ラバーカップをゆっくり便器の奥にあてて、おもいっきり引き抜く!この作業を数回繰り返してみて下さい。

どうですか?トイレ詰まりは解消されましたか? 今回お教えした対処法は自力で簡単にできるトイレ詰まりの対処法のなかで、もっとも効果のある対処法です。

この作業を行ってもトイレ詰まりが解消されない場合は、専門の修理業者にご相談をする事をおすすめします。

お早めに、点検してトラブルを解消したほうが、後々の深刻なトラブル回避につながります。