ラバーカップのコツを掴んでトイレの詰まりを改善

詰まったらラバーカップを使うのがポイントですが、そのラバーカップをトイレの口の部分に上からスポット被せては、カップの中の空気をしっかりと抜きます。少し力を入れて押せば、中の空気をしっかりと出せます。上手くできなかった場わいには、またカップを上げてはグッと勢いよくラバーカップを被せて空気を抜きます。

そしてスポッという音がするようにラバーカップを上げるのです。それを何度も行えば、パイプの方から詰まったものが上がってきます。そこで辞めずに、根気よく何度もラバーカップを被せては上げます。すると、勢いよくゴボッという音も共に中から空気が出てきたらパイプの中の詰まりが取れたという合図になります。

コツを掴めば簡単にできるようになります。便器に水が少し入っていないと上手くできませんので、水が足りない時には少しバケツなどに水を入れては便器に入れてラバーカップで上下に動かしながら詰まりを取り除きましょう。

重曹を入れてラバーカップを使えば、より詰まりが早く取り除けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。