お湯を使ったトイレのつまり解消法

■お湯を使ったトイレのつまり解消法
ラバーカップ通称スッポンを使って、便器の奥を押したり引いたりし、つまりを解消する方法がごく一般的で使われる方法だと思います。
しかし、それでも解決しないときには、今から紹介するもう一つの自分で直す方法を使うことをお勧めします。
それはある材料とお湯を同時に入れ、放置しておくというごく簡単な方法です。ただし、お湯を使う際には熱湯ではなく、ぬるま湯を使用してください。

解決方法の前に、どうして熱湯を使ってはいけないのか。
それは、熱湯を便器に流すことで便器が割れ壊れてしまう可能性があるためです。便器は陶器で出来ているため、熱を加えると膨張し、表面にひび割れを起こすことになってしまいます。ただ、ぬるま湯の場合は、そこまで膨張することもないため、ひび割れがおきませんので、くれぐれも熱湯ではなくぬるま湯を使ってください。
では解決方法の手順を紹介します。
ドア・窓を開けて換気し材料を用意してください。
材料としては重曹1/4、穀物酢1/2カップ、ぬるま湯便器の半分ほどです。

用意したら、便器内の固形物をできるだけ取り除き、重曹→穀物酢→ぬるま湯の順番で便器へ流し込みます。その際、便器内で泡が発生するかと思いますが、それは二酸化炭素で出来た泡ですので体に害はほとんどありません。安心してください。

流し込んだ後、1時間ほど放置し、便器内の水が徐々に流れていくと、つまりは解消されています。
ただし、徐々に流れていかず、トイレを流すレバーを押した際に溜まる一方の場合は原因は便器のつまりではなく、配管や下水でつまっている可能性があります。
その際は、自分の力でなんとか解決しようとするより、専門の業者に頼むことが良いでしょう。へたに配管や下水のつまりを自力で解決しようとした際には最悪の場合、便器や配管を壊し、取り換えという形になる可能性もありますので、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。