トイレを詰まりにくくする工夫や習慣

毎日何気なく使っているトイレですが、トイレが詰まったり水漏れを起こしたりして使えなくなってしまうと大変です。
日ごろからトイレを詰まらせないように注意して、工夫したり習慣づけておくのが大切です。

まず、トイレにトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。
トイレ用のお掃除シートはトイレに流しても大丈夫と書かれていても、詰まりの原因になる場合がありますから、使用後は流さずゴミとして処分しましょう。

他にもトイレに流しても可というものでも、詰まりを避けるために、トイレットペーパー以外は流さないという習慣を身に付けておきましょう。

また、水道代節約のためにペットボトルをタンクに入れている方も多いです。
しかし、中のペットボトルが原因で十分な水量が得られなくてトイレが詰まったり、タンク内の部品がきちんと動かなくなって、水が流れっぱなしになることもあります。

節約は大切ですが、安全に故障を起こさずトイレを使うためにも、ペットポトルをタンクに入れるのは避けた方が無難です。