トイレットペーパーの量を減らしてトイレの詰まりを防ぐ

どうしても詰まりやすいトイレは、トイレットペーパーの使いすぎが原因となることがあります。どうしても家族が多いと、トイレットペーパーをたくさん流すことになります。それがパイプの詰まりの原因となることがあります。

人が多ければ多いほど、便をする回数も増えますし、ペーパーもたくさん使います。パイプに便の汚れが多く付きやすくなりますし、そこに何度もペーパーを使っては流せば、どうしても詰まりやすくなります。

レバーを大にして流せばまだいいですが、中には小で便を流してしまうこともあります。水流が少ないために、詰まってしまうのです。できれば、トイレットペーパーを流す時にはレバーを大の方で流すのがポイントです。

又、1回で使うトイレットペーパーの量は2巻きほどにするといいのです。どうしても何度も手に巻いてしまう人は、シングルタイプのトイレットペーパーを買うといいでしょう。

又、ソフトで水に溶けやすいタイプのトイレットペーパーを選べば、よりトイレの詰まりを防ぐことができます。