トイレの汚れを解決する簡単な方法

トイレの汚れが目立ちます。特に大きい方をして、それがそのまま便器にこびりついている、というシチュエーションに出くわした場合、何か嫌な気持ちになります。自宅以外の時はもちろんですが、自宅のトイレでも不快なものです。
この不快感を解消するために、我が家では、大きい方をする際には便器にトイレットペーパーを敷くようにしています。つまり、大便が直接便器につかないようにしたのです。
トイレットペーパーを予め敷いておけば、大便はそこに落ち、水と一緒に流れていくので、便器に汚れは付着しません。
これを習慣づけるようになってから、便器の汚れは格段に減りましたし、トイレ掃除が楽になりました。
トイレットペーパーは余分に消費するようになったので、不経済ではありますが、お尻と拭くのは品質のよい紙で、便器に敷くのは安い紙を使うようにして、コストを抑えるように努力しています。
便器に紙を敷いても汚れる時は汚れますので、飛び散るのを防止するために便器の蓋を閉めてから水を流し、流れたあとはもう一度蓋を開けて、便器の汚れを確認する、ということも守ってもらうようにしました。
1人1人が気を付けるようになるだけで、トイレは常に清潔に保たれています。
習慣にしてしまえば面倒くさくもないので、おススメの方法です。

トイレットペーパーの量を減らしてトイレの詰まりを防ぐ

どうしても詰まりやすいトイレは、トイレットペーパーの使いすぎが原因となることがあります。どうしても家族が多いと、トイレットペーパーをたくさん流すことになります。それがパイプの詰まりの原因となることがあります。

人が多ければ多いほど、便をする回数も増えますし、ペーパーもたくさん使います。パイプに便の汚れが多く付きやすくなりますし、そこに何度もペーパーを使っては流せば、どうしても詰まりやすくなります。

レバーを大にして流せばまだいいですが、中には小で便を流してしまうこともあります。水流が少ないために、詰まってしまうのです。できれば、トイレットペーパーを流す時にはレバーを大の方で流すのがポイントです。

又、1回で使うトイレットペーパーの量は2巻きほどにするといいのです。どうしても何度も手に巻いてしまう人は、シングルタイプのトイレットペーパーを買うといいでしょう。

又、ソフトで水に溶けやすいタイプのトイレットペーパーを選べば、よりトイレの詰まりを防ぐことができます。

トイレ詰まりについて

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーをたくさん使用したりナプキンやタンポンなどの生理用品をながしてしまったりといった理由のほかにも、古い家屋やアパートなどの場合、もともとトイレの配管が老朽化によって水垢などの汚れがたまってしまい、配管内部が細くなってしまう事により、ペーパー類が簡単に詰まり安くなる状態になるという根本的な原因が考えられます。

こういったトイレ詰まりのトラブルを回避するために,一番良い方法は、日頃からダブルロールのトイレットペーパーを使わないようにしたり、トイレットペーパー以外の物は絶対に流さない事が最も効果的です。

ところがいくら日頃から様々な事に細心の注意を払っていても、一旦トイレ詰まりが発生すると何度も繰り返し詰まりが起きてしまう傾向にあるのです。ですから一度はトイレ詰まりのプロにお願いしてトイレの配管の状態を把握してもらい、対策を立てる事をおすすめします。

トイレの詰まり / 原因と直し方

 トイレの詰まりと原因 

トイレの詰まりが発生したときほど困る事はありませんよね。トイレが使えなくなる事と、汚水や汚物がトイレの詰まりが原因であふれてくる事態になります。トイレが沢山あるお宅やお店はまだ良いのですが、ほとんどのお家ではトイレは1つになります、トイレの詰まりはできるだけ早く直したいところです。

トイレの詰まりの原因に関してですが、最も多いのがトイレットペーパーの詰まりです。小さいお子様がいるお宅ではトイレットペーパーを大量にトイレに流してしまいトイレが詰まってしまう事はよくあることです。これが要注意、簡単にトイレの詰まりが発生してしまうのです、ティッシュペーパーやその他の紙を流してしまうのも、水にとけないのでトイレの詰まりの原因になります。

トイレのタンクの水量は、そのトイレによって必要な水量を計算して作成されています。トイレの詰まりは、タンクの許容範囲よりも沢山の便を流してしまった時にも起こります。  海外のトイレが日本に入って来た時に、昔の日本人はトイレをよく詰まらせたという話を、聴く事があります。 それは日本人の食事と便の量も関係があるようです。 したがって、節水の為にトイレのタンクにペットボトルなどを入れて、流れる水の量を減らそうと考えている方はご注意ください。簡単にトイレの詰まりの原因になります。

他には、排水不良によるトイレの詰まりも考えられます。 ほとんどの便器は、水が溜まっている部分の下の方に穴があいてあります。こういった所に異物が詰まるとトイレの詰まりやその他トイレトラブルの原因になる事が考えられます

 

 少したつとトイレの詰まりが直る事もある 

紙が溶けなくて排水管の奥で詰まってしまっている場合や、その他異物が排水管の奥で詰まっている場合、数時間ほど放置しておくと、水で紙や異物が溶けてトイレの詰まりが解消される事もよくあります。 困ったら一度放置しておくのも解決手段のひとつと言えるでしょう。

af9970030145m

  トイレ用の器具を使いトイレの詰まりを直す  

トイレの水を流すと、トイレの中の水位が上がってきて、その後少しずつ流れて水位が下がるというのは、トイレの詰まりの初期症状の証拠です。 こういう症状の場合は放置しておくと、トイレの詰まりが発生してしまいます。 こんな時は、ラバーカップ等を使用して、トイレの詰まり初期症状を解消してしまう事をオススメいたします。

このサイトではラバーカップ等を使用してトイレの詰まりを修理する方法も掲載していますので、是非参考にして下さい。

トイレ詰まりの修理方法(応急処置)/ラバーカップ

  固形物をトイレに流してしまいトイレの詰まりが発生  

固形物をトイレに流してしまった場合は、直ぐにラバーカップ等を使うと、押す時に固形物の周りから水が流れるので、便器に溜まっている水が減ります。

便器に溜まっている水がへる事で、便器の奥に手をいれて固形物を直接とりだしてトイレの詰まりを直す方法もあります。しかし、これは便器に溜まっている水が綺麗な場合のみ可能な対処法と言えるでしょう。

固形物が便器の奥の排水管まで流れてしまうと、ラバーカップやポンプ等では固形物の救出ができないので、便器をはずして取るしか対応方法がありません。これは作業が大変になるので弊社の様な専門業者に依頼する事をオススメいたします。

  詰まりが直っても、まだ水を流さない  

トイレの詰まりが直ったと思っても、すぐにはトイレの水を流さない事をオススメいたします、急いでトイレの水を流してしまったが、トイレの詰まりが直っていない場合は、便器の水位が急上昇していまい、溢れて水浸しになる事や汚れてしまう事があります。

かならず、バケツ等で少しづつ水を流してみて、トイレの水がちゃんと流れる事を確認してからご使用になる事をオススメいたします。

  なかなかトイレの詰まりが直らない時は?  

軽度なトイレ詰まりに関してはラバーカップ等でトイレ詰まりが解消される場合があります。

しかしそれ以外のケースや重度なトイレ詰まりの場合は専門の水道業者にお願する必要がありますし、自分でトイレ詰まりを対処しようとすると、トイレの中が凄く汚くなる事が多々あります。

綺麗にトイレ詰まりを修理したい場合や、専門家でないと修理出来ないようなトイレ詰まりは、専門の職人に修理依頼をしましょう。

 

トイレ詰まり119番では、水道修理のプロフェッショナルを全国に待機させており、住宅設備ネットワークを使用する事で、最短30分で修理現場まで駆けつける事が可能です。

また、どんな水道トラブルでも解決できる自信があり、研修制度も完璧に整っております。

出張見積りまで無料で行っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

toire_03

mitumori

mitumori_toire

tel

自宅でトイレ詰まりの対処をする際の注意点/状況悪化

ご自宅のトイレの便器が詰まってしまい、トイレが使用できなくなった場合、お湯やラバーカップを使用することでトイレ詰まりの対処を行い修理をすることができます。

しかし、ラバーカップ等を使ってトイレ詰まりを対処しようとした事が原因でトイレ詰まりが悪化してしまい、最終的に修理工程が大幅に増えてしまう事で、修理費用が高くなってしまうケースがありますので

今回は、ご自宅でトイレ詰まりを対処する際の注意点といて記事を投稿させていただきます。

 

figur repariert toilette

一般的にラバーカップ等でトイレ詰まりが修理できるのは、本当に微量なトイレの詰まりであって

異物を落としてしまってトイレが詰まってしまった場合や、大量の異物が便器の奥に詰まっているなどの場合は、ご自宅でラバーカップを使用しても対処する事はできません。

 

逆に、詰まっている異物に対して水流の力が加わる事で、異物が便器の更に奥・・・配管の更に奥まで動いてしまう事があるのです

このように詰まっている物がさらに奥に移動してしまった場合は、トイレの便器を外して修理を行う必要が出てくるのです

また、更に配管の奥に移動してしまった場合は、更に複雑な作業工程が追加されてしまいます。

 

私たちトイレ詰まり119番にお電話でご相談をいただくお客様の中で、ラバーカップ等を使用しても詰まりが解消されないお客様の中には

やはり、しつこくラバーカップ等で便器の水に力を加えてしまったパターンが多々あります。

トイレ詰まりの対処方法は原因や位置などによって、対処方法が変わってきますので、悪化させる前に一度私たちトイレ詰まり119番にお電話でのご相談をおすすめさせていただきます。

 

お電話でのご相談は無料ですし、現地への出張見積もりと原因解明も無料で行っております。

状況が悪化する前の簡単な作業であれば安価で修理する事も可能ですので、是非一度ご相談をご検討ください。

toire_03

tel

 

 

トイレの詰まりの対処方法(お湯を流す)/直し方

トイレの詰まりを対処するために御自宅でもできる対処方法の中に、熱いお湯を流してトイレの詰まりを応急処置する方法があります。

この対処方法は、トイレの便器にうんちが詰まった時や、トイレットペーパーが詰まった時には、うんちやトイレットペーパーをお湯が柔らかくしてくれて詰まりを解消してくれる作用があるので有効ですが、詰まったのが歯ブラシやごみなど異物が詰まった時には有効な手段ではありません。

 

02_1_img05

 

熱いお湯の入れ方ですが、まず、熱いお湯をバケツなどの入れ物に入れます。  そして、熱いお湯が便器の中にいっぱいになるまで沢山入れて便器の中の水を熱くしてください。

その後、数分放置した後に、ラバーカップ等を使用して修理してみてください。

 

 

こういった応急処置を行っても治らない場合は、他の原因が考えられます。

便器故障の状況が悪化する前に、弊社のような「トイレの詰まり修理専門業者」にお電話頂き御相談をする事をお勧めいたします。

 

160_F_36814037_B8z84dYU9VldYXiaWVYUwXyYHhL74hS6

また、無理やり色々な薬剤を混ぜて応急処置を行う事や、身体にはもちろんの事、トイレにも良くないのであまりおススメはいたしません。弊社では専門の修理機材を使用いたしますし、薬剤を使用する場合でも身体やトイレに悪くない安全な専用剤を使用いたしますので、安心してお任せ下さい。

 

—————————-

*追記

「ラバーカップを使用したが、トイレの詰まりが治らない」とのご相談のお電話をたくさん頂いております。

ラバーカップを使用しても、「トイレに物を落とした」「異物を流してしまった」等原因によっては、異物が奥に移動してしまい修理工程が複雑になってしまうパターンが多々あります。

ラバーカップを使用するのは1,2回にして、それでも治らない場合は1度お電話でのご相談をして頂くことをオススメいたします。

状況が悪化してしまい、便器やその奥の配管を外さないと修理できなくなる可能性があるからです。

【自宅でトイレ詰まりの対処をする際の注意点/状況悪化】をいう記事を投稿させて頂きましたので、是非一度ご覧になってください。

http://www.toire-tumari-doctor.com/blog/toire-tumari-taisho-2/

 

toire_01

 

tel
tel:0120058955 

トイレつまり 解決法はお気軽にご相談下さい。