トイレの汚れを解決する簡単な方法

トイレの汚れが目立ちます。特に大きい方をして、それがそのまま便器にこびりついている、というシチュエーションに出くわした場合、何か嫌な気持ちになります。自宅以外の時はもちろんですが、自宅のトイレでも不快なものです。
この不快感を解消するために、我が家では、大きい方をする際には便器にトイレットペーパーを敷くようにしています。つまり、大便が直接便器につかないようにしたのです。
トイレットペーパーを予め敷いておけば、大便はそこに落ち、水と一緒に流れていくので、便器に汚れは付着しません。
これを習慣づけるようになってから、便器の汚れは格段に減りましたし、トイレ掃除が楽になりました。
トイレットペーパーは余分に消費するようになったので、不経済ではありますが、お尻と拭くのは品質のよい紙で、便器に敷くのは安い紙を使うようにして、コストを抑えるように努力しています。
便器に紙を敷いても汚れる時は汚れますので、飛び散るのを防止するために便器の蓋を閉めてから水を流し、流れたあとはもう一度蓋を開けて、便器の汚れを確認する、ということも守ってもらうようにしました。
1人1人が気を付けるようになるだけで、トイレは常に清潔に保たれています。
習慣にしてしまえば面倒くさくもないので、おススメの方法です。

トイレットペーパーの量を減らしてトイレの詰まりを防ぐ

どうしても詰まりやすいトイレは、トイレットペーパーの使いすぎが原因となることがあります。どうしても家族が多いと、トイレットペーパーをたくさん流すことになります。それがパイプの詰まりの原因となることがあります。

人が多ければ多いほど、便をする回数も増えますし、ペーパーもたくさん使います。パイプに便の汚れが多く付きやすくなりますし、そこに何度もペーパーを使っては流せば、どうしても詰まりやすくなります。

レバーを大にして流せばまだいいですが、中には小で便を流してしまうこともあります。水流が少ないために、詰まってしまうのです。できれば、トイレットペーパーを流す時にはレバーを大の方で流すのがポイントです。

又、1回で使うトイレットペーパーの量は2巻きほどにするといいのです。どうしても何度も手に巻いてしまう人は、シングルタイプのトイレットペーパーを買うといいでしょう。

又、ソフトで水に溶けやすいタイプのトイレットペーパーを選べば、よりトイレの詰まりを防ぐことができます。

トイレを詰まりにくくする工夫や習慣

毎日何気なく使っているトイレですが、トイレが詰まったり水漏れを起こしたりして使えなくなってしまうと大変です。
日ごろからトイレを詰まらせないように注意して、工夫したり習慣づけておくのが大切です。

まず、トイレにトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。
トイレ用のお掃除シートはトイレに流しても大丈夫と書かれていても、詰まりの原因になる場合がありますから、使用後は流さずゴミとして処分しましょう。

他にもトイレに流しても可というものでも、詰まりを避けるために、トイレットペーパー以外は流さないという習慣を身に付けておきましょう。

また、水道代節約のためにペットボトルをタンクに入れている方も多いです。
しかし、中のペットボトルが原因で十分な水量が得られなくてトイレが詰まったり、タンク内の部品がきちんと動かなくなって、水が流れっぱなしになることもあります。

節約は大切ですが、安全に故障を起こさずトイレを使うためにも、ペットポトルをタンクに入れるのは避けた方が無難です。

トイレ詰まりについて

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーをたくさん使用したりナプキンやタンポンなどの生理用品をながしてしまったりといった理由のほかにも、古い家屋やアパートなどの場合、もともとトイレの配管が老朽化によって水垢などの汚れがたまってしまい、配管内部が細くなってしまう事により、ペーパー類が簡単に詰まり安くなる状態になるという根本的な原因が考えられます。

こういったトイレ詰まりのトラブルを回避するために,一番良い方法は、日頃からダブルロールのトイレットペーパーを使わないようにしたり、トイレットペーパー以外の物は絶対に流さない事が最も効果的です。

ところがいくら日頃から様々な事に細心の注意を払っていても、一旦トイレ詰まりが発生すると何度も繰り返し詰まりが起きてしまう傾向にあるのです。ですから一度はトイレ詰まりのプロにお願いしてトイレの配管の状態を把握してもらい、対策を立てる事をおすすめします。

お湯を使ったトイレのつまり解消法

■お湯を使ったトイレのつまり解消法
ラバーカップ通称スッポンを使って、便器の奥を押したり引いたりし、つまりを解消する方法がごく一般的で使われる方法だと思います。
しかし、それでも解決しないときには、今から紹介するもう一つの自分で直す方法を使うことをお勧めします。
それはある材料とお湯を同時に入れ、放置しておくというごく簡単な方法です。ただし、お湯を使う際には熱湯ではなく、ぬるま湯を使用してください。

解決方法の前に、どうして熱湯を使ってはいけないのか。
それは、熱湯を便器に流すことで便器が割れ壊れてしまう可能性があるためです。便器は陶器で出来ているため、熱を加えると膨張し、表面にひび割れを起こすことになってしまいます。ただ、ぬるま湯の場合は、そこまで膨張することもないため、ひび割れがおきませんので、くれぐれも熱湯ではなくぬるま湯を使ってください。
では解決方法の手順を紹介します。
ドア・窓を開けて換気し材料を用意してください。
材料としては重曹1/4、穀物酢1/2カップ、ぬるま湯便器の半分ほどです。

用意したら、便器内の固形物をできるだけ取り除き、重曹→穀物酢→ぬるま湯の順番で便器へ流し込みます。その際、便器内で泡が発生するかと思いますが、それは二酸化炭素で出来た泡ですので体に害はほとんどありません。安心してください。

流し込んだ後、1時間ほど放置し、便器内の水が徐々に流れていくと、つまりは解消されています。
ただし、徐々に流れていかず、トイレを流すレバーを押した際に溜まる一方の場合は原因は便器のつまりではなく、配管や下水でつまっている可能性があります。
その際は、自分の力でなんとか解決しようとするより、専門の業者に頼むことが良いでしょう。へたに配管や下水のつまりを自力で解決しようとした際には最悪の場合、便器や配管を壊し、取り換えという形になる可能性もありますので、注意してください。

トイレつまりの原因と対処法について

■トイレつまりの原因とは?

トイレつまりの原因は大きく分けた場合には「4つ」挙げる事が出来ます。

1.大便やトイレットペーパーが原因でつまる
2.ティッシュペーパーや赤ちゃんのおしり拭き、子供のおもちゃなどのトイレに流してはいけない物が原因でつまる
3.節水の為に大便をトイレの小つまみで流している、トイレの排水タンクに節水の為のペットボトルを入れている事が原因でつまる
4.築年数が古い住宅で長年にわたって尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって配水管にこびりついた事が原因でつまる

これら4つのトイレつまりの原因はケースが多い順番に上から並べています。

 

■大便やトイレットペーパーもつまりの原因となります

大便、そしてトイレットペーパーはトイレつまりの一番の原因です。
「大便やトイレットペーパーを流す為に作られたトイレの排水管になぜそれらの物がつまるのか」という質問をいただく事があるのですが、トイレの配水管は水圧を高めて勢いよく排水を流す為にとても細く作られており、なおかつ排水管の途中がS字の形に曲がっています。
S字の形でカーブがついている為、ちょっとした事でトイレつまりが起きやすいのです。

トイレットペーパーを一度に大量に流したり、特大の大きな大便を流した場合に「ゴボゴボ」と音が鳴るトイレつまりが起きやすくなります。

 

■トイレに流してはいけない物とは

物によってはトイレに流してしまうと「ゴボゴボ」といった音と共に突然トイレつまりが発生してしまう物もあります。
トイレに流してはいけない代表的な物はティッシュペーパーです。
ティッシュペーパーは一見するとすぐに水に溶けそうなイメージがありますが、ほとんどのティッシュペーパーは水に溶けません。
この為、トイレで大便をしてティッシュペーパーでおしりを拭いてそのままティッシュペーパーを流してしまうと「ゴボゴボ」とたちまちトイレつまりが発生してしまうのです。
ティッシュペーパーはトイレつまりの原因となる代表的な「トイレに流してはいけない物」の一つです。

 

■節水がトイレつまりの原因になる場合も

近年はエコが浸透してトイレを流す時でもトイレのつまみを少ししか回さない、または大便をした時でもトイレのつまみの「小」しか回さない、といった節水を行う人が多いですが、これらの節水行為はトイレつまりの原因になる場合もあります。
トイレの排水の構造は最低限の水の量で大便などの便を流す構造で設計されているので、これより水の量が下回ってしまうと「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう原因になってしまう事があるのです。
トイレでの「自己流の節水」はほどほどになさった方が良いでしょう。

 

■尿に含まれる尿石が原因でつまる

人間の尿には尿石の原因となる成分が含まれており、築年数の古い住宅などでトイレの排水管に尿を流し続けた結果、尿に含まれる成分が尿石となって排水管の中にこびりつき、排水管の中をせばめてしまってトイレつまりの原因になる事があります。
尿が原因のトイレつまりは自分に心当たりがないのにある日突然「ゴボゴボ」とトイレつまりが発生してしまう事が多いのでびっくりされる方も多いですが、尿が原因のトイレつまりは市販されている塩酸系のトイレ洗剤を排水管に流してあげる事で解決出来るケースもあります。