ラバーカップのコツを掴んでトイレの詰まりを改善

詰まったらラバーカップを使うのがポイントですが、そのラバーカップをトイレの口の部分に上からスポット被せては、カップの中の空気をしっかりと抜きます。少し力を入れて押せば、中の空気をしっかりと出せます。上手くできなかった場わいには、またカップを上げてはグッと勢いよくラバーカップを被せて空気を抜きます。

そしてスポッという音がするようにラバーカップを上げるのです。それを何度も行えば、パイプの方から詰まったものが上がってきます。そこで辞めずに、根気よく何度もラバーカップを被せては上げます。すると、勢いよくゴボッという音も共に中から空気が出てきたらパイプの中の詰まりが取れたという合図になります。

コツを掴めば簡単にできるようになります。便器に水が少し入っていないと上手くできませんので、水が足りない時には少しバケツなどに水を入れては便器に入れてラバーカップで上下に動かしながら詰まりを取り除きましょう。

重曹を入れてラバーカップを使えば、より詰まりが早く取り除けます。

トイレの汚れを解決する簡単な方法

トイレの汚れが目立ちます。特に大きい方をして、それがそのまま便器にこびりついている、というシチュエーションに出くわした場合、何か嫌な気持ちになります。自宅以外の時はもちろんですが、自宅のトイレでも不快なものです。
この不快感を解消するために、我が家では、大きい方をする際には便器にトイレットペーパーを敷くようにしています。つまり、大便が直接便器につかないようにしたのです。
トイレットペーパーを予め敷いておけば、大便はそこに落ち、水と一緒に流れていくので、便器に汚れは付着しません。
これを習慣づけるようになってから、便器の汚れは格段に減りましたし、トイレ掃除が楽になりました。
トイレットペーパーは余分に消費するようになったので、不経済ではありますが、お尻と拭くのは品質のよい紙で、便器に敷くのは安い紙を使うようにして、コストを抑えるように努力しています。
便器に紙を敷いても汚れる時は汚れますので、飛び散るのを防止するために便器の蓋を閉めてから水を流し、流れたあとはもう一度蓋を開けて、便器の汚れを確認する、ということも守ってもらうようにしました。
1人1人が気を付けるようになるだけで、トイレは常に清潔に保たれています。
習慣にしてしまえば面倒くさくもないので、おススメの方法です。

トイレを詰まりにくくする工夫や習慣

毎日何気なく使っているトイレですが、トイレが詰まったり水漏れを起こしたりして使えなくなってしまうと大変です。
日ごろからトイレを詰まらせないように注意して、工夫したり習慣づけておくのが大切です。

まず、トイレにトイレットペーパー以外のものは流さないようにしましょう。
トイレ用のお掃除シートはトイレに流しても大丈夫と書かれていても、詰まりの原因になる場合がありますから、使用後は流さずゴミとして処分しましょう。

他にもトイレに流しても可というものでも、詰まりを避けるために、トイレットペーパー以外は流さないという習慣を身に付けておきましょう。

また、水道代節約のためにペットボトルをタンクに入れている方も多いです。
しかし、中のペットボトルが原因で十分な水量が得られなくてトイレが詰まったり、タンク内の部品がきちんと動かなくなって、水が流れっぱなしになることもあります。

節約は大切ですが、安全に故障を起こさずトイレを使うためにも、ペットポトルをタンクに入れるのは避けた方が無難です。

お湯を使ったトイレのつまり解消法

■お湯を使ったトイレのつまり解消法
ラバーカップ通称スッポンを使って、便器の奥を押したり引いたりし、つまりを解消する方法がごく一般的で使われる方法だと思います。
しかし、それでも解決しないときには、今から紹介するもう一つの自分で直す方法を使うことをお勧めします。
それはある材料とお湯を同時に入れ、放置しておくというごく簡単な方法です。ただし、お湯を使う際には熱湯ではなく、ぬるま湯を使用してください。

解決方法の前に、どうして熱湯を使ってはいけないのか。
それは、熱湯を便器に流すことで便器が割れ壊れてしまう可能性があるためです。便器は陶器で出来ているため、熱を加えると膨張し、表面にひび割れを起こすことになってしまいます。ただ、ぬるま湯の場合は、そこまで膨張することもないため、ひび割れがおきませんので、くれぐれも熱湯ではなくぬるま湯を使ってください。
では解決方法の手順を紹介します。
ドア・窓を開けて換気し材料を用意してください。
材料としては重曹1/4、穀物酢1/2カップ、ぬるま湯便器の半分ほどです。

用意したら、便器内の固形物をできるだけ取り除き、重曹→穀物酢→ぬるま湯の順番で便器へ流し込みます。その際、便器内で泡が発生するかと思いますが、それは二酸化炭素で出来た泡ですので体に害はほとんどありません。安心してください。

流し込んだ後、1時間ほど放置し、便器内の水が徐々に流れていくと、つまりは解消されています。
ただし、徐々に流れていかず、トイレを流すレバーを押した際に溜まる一方の場合は原因は便器のつまりではなく、配管や下水でつまっている可能性があります。
その際は、自分の力でなんとか解決しようとするより、専門の業者に頼むことが良いでしょう。へたに配管や下水のつまりを自力で解決しようとした際には最悪の場合、便器や配管を壊し、取り換えという形になる可能性もありますので、注意してください。

トイレ詰まりの対処方法を紹介した動画まとめ

トイレ詰まりの対処方法は様々な方法があります。

今回はネットに紹介されているトイレ詰まり対処動画の中から、効果的な動画をご紹介いたします。

トイレ詰まり対処法をご紹介

自力で修理可能なトイレ詰まりの対処法

トイレ詰まりの対処方法は様々な方法がありますが、最もこうかが高く、トイレ詰まりを自力で修理可能な対処法は【お湯】と【ラバーカップ】を使用する事が大事だと言われています。

今回はお湯とラバーカップを使用した、トイレ詰まりの対処方法をご説明いたします。

 

トイレ詰まりの原因は主に、トイレットペーパーの詰まり、汚物の詰まりが最も多いと言われています。 この最も原因として多いトイレ詰まりのパターンだけに最も効果的な対処方法が【お湯】と【ラバーカップ】を使用した対処方なのです。

この対処法を行っても、トイレ詰まりが解消しない場合は、別の様々な原因が考えられるので、一度当社にご相談頂く事をお勧めいたします。 ラバーカップでは修理ができないトラブルの可能性があります。

 

1.トイレ詰まりの原因はなに?

先ほど記載した通り、トイレットペーパーと汚物に効果的な対処方ですので、まずは原因がなんなのか考えてみましょう。

トイレットペーパーを流し過ぎた・・・ 丁度トイレを利用したばかり・・・ こういった思い当たるふしがあるなら、効果的な対処法です。

 

2.お湯を沸かしましょう

対処を行うにあたって、準備するものがあります。 それが便器に流し込むお湯です。 鍋に沢山の水を入れて沸かして下さい、この時に注意する必要があるのがお湯の温度を40度~50度くらいにする事です。

お湯を沸騰させてしまったり、高温なのに便器に流し込むと、便器が割れる原因にもなります。更に深刻なトラブルになる可能性があるので、ご注意ください。

 

3.便器にお湯を流しましょう

それでは、便器にお湯を流し込みましょう。  注意する点は、便器の中の水がいっぱいじゃありませんか?  もし便器に水が溢れている場合は、便器の中の水をバケツなどに移すようにしましょう。

ラバーカップを使用した際にこぼれたりしますし、せっかくの熱湯がさめてしまいます。

 

4.10分ほど放置しましょう

お湯が、トイレットペーパーや汚物を溶かしてくれる作用があるので、10分ほど放置してみましょう。

こうする事で、詰まりが溶けて流れやすくなる事があります。

 

5.ラバーカップを使用して詰まりを解消する

それでは、ラバーカップを使用してトイレ詰まりを対処しましょう。ラバーカップをゆっくり便器の奥にあてて、おもいっきり引き抜く!この作業を数回繰り返してみて下さい。

どうですか?トイレ詰まりは解消されましたか? 今回お教えした対処法は自力で簡単にできるトイレ詰まりの対処法のなかで、もっとも効果のある対処法です。

この作業を行ってもトイレ詰まりが解消されない場合は、専門の修理業者にご相談をする事をおすすめします。

お早めに、点検してトラブルを解消したほうが、後々の深刻なトラブル回避につながります。